東鳳翩山 2

思いの外面白かった子供との登山(トレッキング?)
しかし、翌日には筋肉痛になったり、携帯が電池切れになったり、
もう少し装備をしっかりすれば楽しめるんじゃないか?

ということで、綿密な計画を立て
「土曜日に靴を買って、日曜日にはリベンジ」することに成功しました。
(簡単に言うと、ダダこねて靴買ってもらいました。)

自転車と言えばおフランス、登山と言えばイタ~リア?

ま、いつものごとくネットで調べてみたものの、
なにがなにやら判らないのでお店に相談して選んでもらいました。

なにやらごっつい感じで、ちょっとやわらかいスキー靴といった感じ。
そこらのスニーカーとどのくらい違うんじゃらほいということで、
違いを知るためにも同じルートを歩いてみることに。

ということで、東鳳翩山の二ツ堂コースヘ

ちなみに、桜子はお母さんが居るなら探検はしないとのことで、
航太郎と2人でのアタック(?)になりました。が…

最初は順調な滑り出し
グングン行くぜ~
ってな感じでしたが、まさかの10分で大失速…

「登る?」
”イヤイヤ”
「下る?」
”イヤイヤ”
「肩車?」
「ウンっ!」

てなやり取りを何度も繰り返し、結局9割以上を肩車で登る羽目に…

山頂間際になってやっとエンジン始動(おせ~よ)

これな~に?

頂上が見えたらさらに猛ダッシュ
で、うま~

本当にきれいな山頂
記念撮影
頂上は以前山火事があったとかで木がなくまさに360°の大パノラマ。
芝生もあるのでのんびりくつろげて本当に良い感じです。
時間が許せばここで生活したいくらい…

俺だって昼寝なんかしないぜ~
と、昼寝をしろと言っても聞かない航太郎君。
下りはしっかり歩いてくれるかと思いきや…

爆睡でバランス取るのも一苦労…
グッタリ泥人形のごとく覆いかぶさる航太郎を乗せ、
一応、気を使いながら下りまくったのですが、
やっぱりそれ専用に作られたものってすごいです。

街履きのスニーカーと違ってグリップするは、
底が堅いんで足を踏ん張んなくていいは、
足首もしっかりサポートしてくれるんで怖くないはで良い事尽くめです。

先週は降り切る頃には生まれたての仔馬みたいになってた足もピンピンで、
翌日も筋肉痛もなく日常を過ごせてビックリしました。

ってなことで、今週中には注文した航太郎の靴も届く予定。
次は別ルートで頂上を目指してみたいな~

このルートにしようぜ!
なんちゃってログ

先週のバッテリー切れを教訓に、モバイルバッテリーを投入してみたところ良い感じになりました。
あとは、使いやすいGPSアプリを探さないとな~

おまけ
賢そうな柴も山に登ってました。
航太郎も相手にしてくれない様ならポントラと…

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>