右田ヶ岳

ここ最近の週末は雨か外せない用事ばかりで、
約1か月ぶりにやっと山に行けるってことでウキウキだったんですが、
久々の山は思いの外ハードでした…

前回の山行以降、
航太郎・桜子にちびっこ用の靴を用意したり、
バーナーやクッカーの類も準備したので
山頂でご飯食べられればOKって感じだったのですが…

選んだ山が思った以上に難易度が高いとは知る由もなく、
今回はナガトミさん親子も一緒に出発!

ちなみに右が航太郎、左は央太郎の太郎コンビ。

最初は2歳児コンビも良い感じで、グングン山を登ってました。

W太郎の好きな新幹線が見えるルートだったので…

新幹線が通る度に小休止…

途中から、央太郎氏は籠に収納され

熟睡…

ちなみに9:00から登り始めたのですが、
12:00になっても七合目あたりだったので、
昼ごはん食べながらちょっとやばいな~と

ま、とりあえずご飯だ!

登るにしてもこんな感じだし、下るにしてもこんな感じ…

「右田は下りの方が緩い」という情報を信じ、何とか頂上へ!

景色が最高でした。

できればここでご飯食べたかったな~と。

で、頂上でしばらく遊んだあと下りに入ったのですが、
登りは一人で頑張ってた桜子が恐怖のためか超グズりだし、
加えて予想以上に急な箇所もあり結構大変なことに。

このままいくと18:00コースか?と思っていたら、
親切な夫婦にリュックを使って子どもをおぶる方法を教えてもらい、
肩車してた航太郎をおんぶすることに成功。

ちょっとは楽になるな~と思ったのもつかの間、
開いた肩に桜子がのっかり、合計30kgを担ぐ羽目に…

さすがに2人を担いで下りきるのはきつく、
要所要所で旦那さんに桜子を抱っこしてもらうなど、
かなり助けて頂いて、なんとか下山に成功しました。

こんな形の山は要注意!(笑)

今回は3人だけで行ってたら本当にやばい感じだったので、
今後はもう少し子供の能力とか考えないとな~と。

基本、子供と行く時は航太郎が自力で歩けそうな所にしないとな~

Posted in 未分類 | Leave a comment

東鳳翩山 2

思いの外面白かった子供との登山(トレッキング?)
しかし、翌日には筋肉痛になったり、携帯が電池切れになったり、
もう少し装備をしっかりすれば楽しめるんじゃないか?

ということで、綿密な計画を立て
「土曜日に靴を買って、日曜日にはリベンジ」することに成功しました。
(簡単に言うと、ダダこねて靴買ってもらいました。)

自転車と言えばおフランス、登山と言えばイタ~リア?

ま、いつものごとくネットで調べてみたものの、
なにがなにやら判らないのでお店に相談して選んでもらいました。

なにやらごっつい感じで、ちょっとやわらかいスキー靴といった感じ。
そこらのスニーカーとどのくらい違うんじゃらほいということで、
違いを知るためにも同じルートを歩いてみることに。

ということで、東鳳翩山の二ツ堂コースヘ

ちなみに、桜子はお母さんが居るなら探検はしないとのことで、
航太郎と2人でのアタック(?)になりました。が…

最初は順調な滑り出し
グングン行くぜ~
ってな感じでしたが、まさかの10分で大失速…

「登る?」
”イヤイヤ”
「下る?」
”イヤイヤ”
「肩車?」
「ウンっ!」

てなやり取りを何度も繰り返し、結局9割以上を肩車で登る羽目に…

山頂間際になってやっとエンジン始動(おせ~よ)

これな~に?

頂上が見えたらさらに猛ダッシュ
で、うま~

本当にきれいな山頂
記念撮影
頂上は以前山火事があったとかで木がなくまさに360°の大パノラマ。
芝生もあるのでのんびりくつろげて本当に良い感じです。
時間が許せばここで生活したいくらい…

俺だって昼寝なんかしないぜ~
と、昼寝をしろと言っても聞かない航太郎君。
下りはしっかり歩いてくれるかと思いきや…

爆睡でバランス取るのも一苦労…
グッタリ泥人形のごとく覆いかぶさる航太郎を乗せ、
一応、気を使いながら下りまくったのですが、
やっぱりそれ専用に作られたものってすごいです。

街履きのスニーカーと違ってグリップするは、
底が堅いんで足を踏ん張んなくていいは、
足首もしっかりサポートしてくれるんで怖くないはで良い事尽くめです。

先週は降り切る頃には生まれたての仔馬みたいになってた足もピンピンで、
翌日も筋肉痛もなく日常を過ごせてビックリしました。

ってなことで、今週中には注文した航太郎の靴も届く予定。
次は別ルートで頂上を目指してみたいな~

このルートにしようぜ!
なんちゃってログ

先週のバッテリー切れを教訓に、モバイルバッテリーを投入してみたところ良い感じになりました。
あとは、使いやすいGPSアプリを探さないとな~

おまけ
賢そうな柴も山に登ってました。
航太郎も相手にしてくれない様ならポントラと…

Posted in 未分類 | Leave a comment

東鳳翩山

ひさびさにブログを開いたら、
最後のアップから2年も経っててビックリです…

いろいろあり、気が付けば地元に戻っていて、
ちびっこ達も大きくなって(桜子:4.9歳、航太郎:2歳半)、
そろそろ遊び相手になってくれそうな感じに。

子供と一緒に遊んでもらうために、
ヒマがあれば”探検”と称して近場の山・海・川を散歩してたのですが、
先々週は奥様不在だったため、頃合かと思い2人を連れてプチ登山へ。

子供達の初めての山は東鳳翩山

僕自身も小さい頃に登った記憶があり、
そん時はえらく楽勝だった気がしたので超油断してました…

アサイチで奥様を見送り

ちょっと前までは魚にしか興味がなかった航太郎。
最近は新幹線にも興味深々でしばらく駅でぶらぶら

で、水分と食料を買っていざ、目的地へ!

道中で航太郎が寝てしまったので駐車場で待機してると、
登山者らしき人が何人か車を止めて歩き出していく。

格好をみるとみんなちゃんとした登山靴を履いてるっぽいし、
リュックサックもしっかりしてる???
昔はちょろっと歩いたら頂上に着いた記憶があったので、
僕と航太郎はスニーカー、桜子なんてムートンのブーツ…

さすがに舐めすぎかと思い中止が頭をよぎったのですが、
何人かに話しかけたところ「スニーカーでも大丈夫じゃない?」ってことだったので、
航太郎が起きたところで挑戦を開始することに。

無理やりな感じの登山口
しばらくはかなりの急勾配と凸凹で桜子と航太郎を交互に持ち上げて
歩き始めて5分もしないうちに腰がやばい感じに…
しかし、過去最大級の”探検”にテンションマックスの子供達はノリノリ。

道がちょっと良くなればグングン歩いて行き

至る所でヤッホ~ヤッホ~
すれ違う人達に「頑張るね~」「頂上には雪があるよ~」「はい、飴あげる」等々、
声をかけてもらえたおかげでやる気も出たみたいで、
2人とも楽しんで歩いてくれて良かったです。

あと、景色が楽しめるのも救いでした
航太郎は途中のおむすびでさらに元気にw

ま、そんなこんなで休憩を取りまくっての往路は3時間近くかかりましたが、
ふざけた格好にも関わらず、合計7歳がほぼ自分の足で登ったので良しとしたいかなと。

景色は最高でした!(写真は取り忘れたけど…)
復路はなぜか航太郎がぐずって、終始肩車をするはめに。
スニーカーで滑るは、航太郎は重い(17kg)はで死にそうでした…

あそこが頂上だよ~(違うかも?)
そんなこんなで、山頂の休憩含め約7時間かかったグデグデの初登山はなんとか無事終了。
思いの外、子供たちのリアクションが良かったので、本格的に始めたいな~と思った僕でした。

なんちゃってログ

チャリンコ用のアプリでログを取っていたのですが、
山頂で電池切れしたので残念な結果に…

かっこはもちろん、この辺の環境も整えないとな~と

Posted in 未分類 | 2 Comments